フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住してきました。

フランスの「誕生日おめでとう」の歌が美しいよ。


スポンサーリンク

f:id:srdavi3216:20171230042627j:plain

フランスの誕生日に、最も一般的に歌われている歌は「Happy Birthday to You」をフランス語にした「Joyeux anniversaire」。

公園などで見かける子どもたちの誕生日会でも、昨年自宅で開催した義母の誕生日会でも、歌われるのは日本でも歌うあのメロディー。

しかし、これ、私には「どうにも無理やりフランス語を当てはめた」感じがして個人的にはちょっと苦手なのですよね。

しかも、あれほど(執拗と言えるほど)外来語をフランス語に置き換える程、フランス語を守ることに血道をあげているフランス人がなぜフランス発祥の誕生日の歌を歌わないの?(いやあ、まあ「Happy Birthday to You」もしっかり仏語訳して歌っているんだけど)

夫に聞いてみても「Joyeux anniversaireしか歌ったことない。歌がないんじゃない?」と。

いや絶対そんなこと無いはずだよ、と朝からネットで調べてみたところ、すごく美しい歌が見つかりました。今日はもう一日こればかり歌っていたのでした。フランス語が分かっても分からなくても、とてもキレイな曲だと思います。

こっちがもっと流行ればいいのになぁ・・・。

 

スポンサードリンク

 

映画音楽として作られた「Bon Anniversaire」

1952年のフランス映画「Un jour avec vous」の中でアンドレ・クラボー(André Claveau)が歌っています(作詞はJacques Larue)。

夫に聞いても「・・・知らない」。まあ、そうだよね。古い映画だものね。もしかしたら、彼のおばあちゃんなら知っているかもしれないな。

別の歌手がカヴァーして歌っているバージョンもあります。

私は、ベルギー人歌手Robert Cogoiが子どもたちと歌っているバージョンの方が好き。サビの部分の歌詞はこんな感じ。素敵だ。

Bon anniversaire (誕生日おめでとう)
Nos vœux les plus sincères (私たちの心からの願い)
Que ces quelques fleurs  (この花束が)
Vous apportent le bonheur  (あなたに幸せをもたらすよ)
Que l'année entière  (この一年が)
Vous soit douce et légère  (あなたにとって良い年であるように)
Et que l'an fini  (そして、この一年の終わりには)
Nous soyons tous réunis  (みんな集まって)
Pour chanter en chœur  (いっしょに歌おう)
Bon anniversaire  (誕生日おめでとう)

歌詞はもっと長いのですが、そこは割愛。

動画へのコメントを見てみると「昔歌ってた!」と書いている人もいたりして。

 

定番「Happy Birthday to You」はアメリカ発祥。

アメリカ人のヒル姉妹(姉のミルドレッド・J・ヒル(Mildred J. Hill)と妹のパティ・スミス・ヒル(Patty Smith Hill))が作詞・作曲した「Good Morning to All」の替え歌である。(中略)

世界で一番歌われている歌としてギネス・ワールド・レコーズに載っている。2012年12月28日にBBC Fourが放送した『ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド』 (The Richest Songs in the World) で、音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第1位に選出された。原曲の Good Morning to All が作曲されたのは1893年である。

1920年前後に現在一般的に知られている「バース」(Good MorningHappy Birthday に置き換えた、Happy Birthday to You の歌詞)が作詞されたとされているが、詳しい時期や作者は不明である。

その後、この「バース」を2番とした Good Morning to All を含むソングブックが1924年に出版された。これが現存する Happy Birthday to You の最も古い公式文献である。また、それがヒル姉妹の作曲したメロディと統合され公の場に出されている。

出典:ハッピーバースデートゥーユー - Wikipedia

英語版は2016年にパブリックドメインに。結構最近の話でびっくり。同歌は日本語歌詞もあり、そちらは2059年まで著作権が残っているそう。(出典:ハッピーバースデートゥーユー - Wikipedia)これにもびっくり。

 

我が家ではフランスの「誕生日おめでとう」も推していきたい。

娘の誕生日をきっかけにフランス発の誕生日の歌を知ったので、我が家ではこちらの歌も今後積極的に歌っていこうと思います。

さて、おかげさまで無事に娘は1歳になりました。来年もいっしょに皆でお祝いできますように。

 

スポンサードリンク