フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 移住に伴うフランスでの手続き(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

娘1歳とニース空港前「パーク・フェニックス(Parc Phoenix)」へ行ってみた。


スポンサーリンク

f:id:srdavi3216:20180104030404j:plain

1月2日、朝から暖かくていい天気だったので、娘(1歳)を連れてニース空港前にある「パーク・フェニックス(Parc Phoenix)」へ行ってみました。

以前から、その存在は知っていたけど、有料だし、わざわざ30代夫婦2人で行くもんでもなかろうなぁ…と思っていたんですが、先月末に娘が無事1歳になったし、冬休みだし、という理由をつけて。

スポンサードリンク

 

パーク・フェニックスは有料の植物園&動物園&子ども公園 

f:id:srdavi3216:20180104050041j:plain

小さい子ども連れで1日のんびり過ごせます。

冒頭写真のピラミッド型温室には、2500種以上の植物、熱帯の動物(フラミンゴや陸ガメなど)を鑑賞できます。敷地7,000㎡、高さ25mの建物内で、6つの熱帯地域を再現しているそう。

温室を中心に、周辺にはピクニックに適した広場や、カフェレストラン、池などがあります。

比較的小型・中型の動物(白鳥や水鳥、ヤマアラシ、ニワトリ、ダチョウ、ヤギ、ウサギ、猿など)も展示されています。カワウソも、水槽はあったけど見れなかった・・・。

トイレは4箇所(無料)、ベンチやゴミ箱もそこかしこに設置されているので、休憩したり、オムツ替えをしたりするのに助かります。

写真を撮りそこねましたが、子ども用の遊具がある公園もあります。対象年齢は1歳〜。今回は娘が爆睡してしまっていたので、何も試せなかったのは残念でした。

f:id:srdavi3216:20180104052916j:plain

 

ピラミッド型温室内は重いベビーカーだとちょっとキツイ。

温室は、動植物が充実していて良いのですが、高低差をつけている場所にスロープなどはないのでベビーカーを夫と一緒に担ぎあげないといけませんでした。簡単に折りたためる軽目のベビーカーでないと、移動はちょっとキツイです。

屋外についてはベビーカーで何の問題もありません。

 

営業時間・入場料金など

  • 16歳未満の未成年者は保護者同伴場
  • 盲導犬・介助犬を除き、ペット厳禁
  • 料金(2017年1月1日現在)

     ニース・コートダジュール首都圏住民  4ユーロ
     
ニース・コートダジュール首都圏地域外 5ユーロ
     
12歳未満の子どもは無料(大人1名につき最大3名まで)
 

  • 営業時間

  10月1日〜3月31日(冬季)の9:30〜18:00
     4月1日〜9月30日(夏時間)の9:30〜19:30

  • アクセス

  Nice-Ouest - Arénasdistrict 入口
  高速道路A8を出てNice Saint Augustin - Promenade des Anglais出口
  ニースコートダジュール国際空港に面しています。
  公共バス:9/10番、23
  SNCF:Nice Saint Augustin駅

  • 所在地 405 Promenade des Anglais 06200 Nice, France

公式サイトはこちら(仏語)

 

せっかくなので「晴れた日に海辺でのんびり+α」の利用が良いと思う。

パーク・フェニックスは、子どもと一緒に丸1日過ごすことも可能ですが、せっかくニースに来たということであれば、晴れた日に海辺でのんびりするのとセットで過ごすのが良いと思います。

1月でも日によっては日中半袖で過ごすこともできますよ。オススメです。

f:id:srdavi3216:20180104031052j:plain

これも1月2日の海。

 

スポンサードリンク