フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

フランスの名付け本&プロヴァンスで多い名前は?

2017年12月27日のニース・マタン紙に、PACA(Provence-Alpes-Côte d'Azur/プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏PACA(パカ)とは、ニースやマルセイユ、アヴィニョンやトゥールーズなどを含むフランス南東部エリアです。)で1946年から2015年に、一番命名数の多かった名前についての記事が載っていました。

1歳になったばかり娘を持つ身としては、興味があるので目を通してみました。

 

スポンサードリンク

 

 PACAで命名数の多い男の子の名前(1946〜2015年)

De 1946 à 1958: Jean
1959-1960: Philippe
1961-1963: Philippe
1964: Thierry
1965: Eric
1966-1970: Christophe
1971: Stéphane
1972-1976: Christophe
1977-1979: Sébastien
1980-1981: Nicolas
1982-1987: Julien
1988-1989: Nicolas
1990: Anthony
1991-1993: Kevin
1994-2001: Nicolas
2002-2006: Enzo
2007-2009: Lucas
2010: Nathan
2011: Gabriel
2012-2013: Adam
2014-2015: Gabriel

引用:http://www.nicematin.com/

PACAで命名数の多い女の子の名前(1946〜2015年)

De 1946-1951: Marie
1952-1957: Martine
1958-1959: Brigitte
1960-1962: Christine
1962-1964: Sylvie
1965-1970: Nathalie
1971-1972: Sandrine
1973: Nathalie
1974-1977: Stéphanie
1978-1980: Céline
1981: Audrey
1982-1986: Aurélie
1987: Julie
1988: Elodie
1989: Laura
1990: Julie
1991: Marine
1992: Manon
1993: Laura
1994-1997: Manon
1998-2003: Léa
2004-2011: Emma
2012: Lina
2013-2014: Emma
2015: Lina

引用:http://www.nicematin.com/

2015年で一番多かった「Lina」は、我が娘のミドルネームと1文字違いだったので、夫と2人で「ちょっと危なかったね」と話してました。いや、べつにいいんだけど、何となく。

 

フランスにも「名付け本」はあります。

先日、図書館に行った時、書架に「最も美しい男の子の名前」「最も美しい女の子の名前」という本を発見。クラスメイトに妊娠中の女性がいるので、彼女と2人でしばし読みふけりました。

私たち夫婦は、名付け本などは買わなかったので、「フランスにもこの手の本があるのか」という感じでした。

フランスという、多様な人種が住む国らしく、名付け本で紹介されている名前も様々な国由来の名前が多いのが興味深かったです。

パラッと開いたページに「Yuko」が日本の名前として掲載されていました。「フランスでは非常に珍しい名前」とのこと。まあそうでしょうね。

f:id:srdavi3216:20171228230437j:plain

ニースで出生届を出したらニース・マタン紙に名前が載せられます。

夫が娘の出生届を役所に提出しに行った際、職員の人から「地元紙に掲載しますか?」と聞かれ、よくわからないまま了承したそうです。

そうしたら、数日後のニース・マタン紙に「出生/婚姻公告/結婚/死亡」の欄に、娘の名前が掲載されていました。義母が持って帰ってきてくれて知りました(夫は、すっかり忘れていた)。娘の名前がのった新聞は記念として大切に取ってあります。ちなみに、誕生日などは記載されていませんので、そこは安心です。

改めて、新聞に記載されている娘と同時期に生まれた子どもたちの名前を見たところ、娘を含めフランスルーツの名前が非常に少なかったのが印象的でした。アラブ系多し。あとニースという地域的にイタリア系も多い(近いから?)。名付け本に載っている名前が多種多様なのも納得、という感じです。

 

フランスは、名前をいくつもつけられるのが良いですよね。私の娘は2つ。義母はなんと4つも持っています(2つ目以降は郵便の宛名にも出てないので使ってないのだろうけど)。

これから名付けをする予定の方、ぜひ楽しんで良い名前を選んであげてくださいませ。

 

スポンサードリンク