フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

フランスのシンボル 子供用サイト「Wikimini」で調べもの。

f:id:srdavi3216:20171206224201j:plain

語学学校2日目。

市民講座やA1コースでもやったけど、本日は「フランスを象徴するもの(Symbol de la Répubulic Français)」に関する勉強でした。

 

フランスのシンボルといえば

革命記念日(le 4 juillet)

三色旗(le drapeau)

国歌/ラ・マルセイエーズ(L'Hymne de France/la Marseillaise)

標語/自由・平等・友愛(la devise : liberté, égalité, fraternité)

フランス革命のシンボル マリアンヌ(Marianne)

雄鶏(le coq)

フリジア帽(le bonnet phrigien)

上記はテスト的模範解答。

あとは、バスティーユ牢獄、エリゼ宮、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、バゲット、ワインなどもありますが、重要視されるのは上記あたりでしょう。イメージ写真を見れば、私もクラスメートも、ほぼ即答です。 

各シンボルの由来を述べよと言われたら・・・

A2コースでは、それぞれのシンボルの由来を調べてフランス語で説明するという課題が出ました。これは難しい。

私の担当は「国歌/ラ・マルセイエーズ」。私は、フランス国歌をぶっちゃけ最後までちゃんと聴いたこともなく、鼻歌でさえ最後まで歌うことができない・・・。

その他のフランスのシンボルについても、ざっくりした知識はあるけど、人に説明してごらんと言われたら、言葉に詰まってしまいます。

 

というわけで、Wikiminiを使って調べました。

講師曰く、「こういうフランスの基本的なことに関する調べものは、まずとっかかりとして、子供たちに説明するためのサイトを探しましょう。ウィキペディアは避けて。情報が多すぎて複雑だから。」とのこと。

そして、数度検索してたどり着いたのが「Wikimini」。講師にも「そのサイトは悪くない」と言われました。

Wikimini est une encyclopédie en ligne écrite par des enfants et des adolescents, aidés des plus grands. Elle est gratuite et compte actuellement 17 317 articles et 37 007 Wikiminautes!

引用:L’encyclopédie pour enfants écrite par les enfants - Wikimini

ウィキミニは子供や10代の若者によって書かれたオンライン百科事典。

比較的平易なフランス語で説明が出てくるので、それに目を通し、さらに「これは?あれは?」となったキーワードを拾って、新聞などの大人用(?)サイトで追加情報を探しました。

最終的に仏語ウィキペディアも活用しましたが、確かに情報量が膨大で、ちょっとのけぞります。日本語版に「ラ・マルセイエーズ」についての項目があるので、そちらに目を通して、できる限り翻訳して課題終了。

なかなか、おもしろかったです。

 

ラ・マルセイエーズはこんな曲。

今年の革命記念日(7月14日)のコンサートより。華やかで良いなと思います。

明日はこの歌詞について学習予定です。これを機に、さらっと歌えるようにしておこう・・・。

youtu.be

 

スポンサードリンク