フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

雨の日の洗濯にはビニルシートをかけて。

f:id:srdavi3216:20171125213501j:plain

ニースの11月は、比較的曇ったり、雨がち。今年は雨が少ないですが、それでもどんよりした日が多いです。

晴れていたとしても、太陽の光が弱いので洗濯物がなかなか乾かないのが、この時期つらいところです。

朝は晴れてるけれど、午後からの天気予報は雨。しかも大して降らなさそう…。

そんな日に洗濯をする場合、私の義母はなかなか大胆な技を繰り出します。

 

 

干した洗濯物の上からビニルシートをバサッと。

f:id:srdavi3216:20171125213738j:image

写真のとおり、屋外に干した洗濯物の上からバサッとビニルシートをかけてしまうのです。

「部屋干しにすればいいのに」と思うのですが、雨予報だったとしても、フタを開けてみればちょっとしか降らない(もしくは結局降らない)ということが多いのもニース。

そのため、こうした大胆な技を使ってしまうのは、なるほどけっこう合理的だなと、しみじみ思った次第。

 

こんなことするの、義母だけかな?と思っていたら、隣のアパートの人(しかも複数の部屋の住民)が同じことをしているのを何度か目撃したので、割と一般的なテクニックなのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク