フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

フランスの鬼ごっこのオニは「猫」

フランスの子供の遊びにも「鬼ごっこ」がある

下の動画は「TROTRO」。

子供向けのアニメです。フランスのNetflixにあり、絵が気に入っているので、たまに娘と見ています。(日本語字幕はないけど、幸い、「TROTRO」に出てくるフランス語は概ね理解できるようになっています。)

この「TROTRO」に、子供たちが「鬼ごっこ」をするシーンが出てきます。

フランス語版

英語版

 

鬼は「猫(Chat)」

フランス語版を見ていると、

Touché! C'est toi le chat!(触った!君が猫だよ!)

という言葉が出てきます。

「TROTRO」にはフランス語字幕がないので、最初は私の聞き間違いかな?と思いつつ、夫に「フランスの鬼ごっこのオニは猫なの?」とたずねてみたところ、「そのとおり」とのこと。

猫、いいじゃん!

子供の頃、遊びとはいえ、なんとなく「鬼」という言葉に抵抗があった身としては、「猫、いいじゃん!」という気持ちです。娘が立って歩いたり走ったりし始めたら、、これで遊んであげようと思いました。

ちなみに英語版だと「Tag!」です。こちらも分かりやすいですよね。

 

こちらは、全然「オニ」にはなれなそうなうちの猫。

https://www.instagram.com/p/BatnhDJH_Ho/

 

スポンサードリンク