フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

フランスの子供のおもちゃ屋「Oxybul」が可愛い。

今年も、クリスマス(ノエル)が近づいて参りました。

ニースはさらっとハロウィンが終わり、もう街はノエルの雰囲気が高まってきています。

子どもたち(と、大人たち)へのプレゼントはお決まりですか?我が家はまだ全然です。

娘が12月末に1歳の誕生日を迎えるので、何か用意してあげたいと思案中ですが、「買うならここ!」というのは決まっています。

それは「Oxybul」というおもちゃ屋さん。

 

スポンサードリンク

 

 

Oxybulは0〜12歳までを対象とした玩具を扱っています。

Oxybul店舗では、0〜12歳までを対象とした玩具を扱っています。自社ブランドの玩具だけではなく、他ブランドの玩具(乗り物系や書籍など)も。

ウェブサイトでもご覧いただけます。

 

 

f:id:srdavi3216:20171112045801j:image

(画像はOxybulサイト Oxybul, magasin de jouets, jeux, décoration et puéricultureより)

 

商品陳列が対象年齢別になっているので選びやすい。

私がこのおもちゃ屋を気に入っている理由の1つに、店に入った時にまずどこに行けば娘の月齢に合う玩具があるのか非常にわかりやすいところ。

目につく位置に0〜24ヶ月、2〜4歳、5〜7歳、8〜12歳と大きく店内サインがあり、対象年齢別にコーナーが分けられているからです。良さそうと思って手に取ってみたら、ちょっと対象年齢が希望と合わない、ということが起こりにくい。

季節の玩具(水遊び、ハロウィン、クリスマスなど)を中心に構成したゾーンもあり、いつ行っても結構楽しめます。

 

ギフト向けも自分買いのお手頃価格商品も両方ある。

今までにOxybulで数回買い物をしていますが、価格帯はお手頃価格からギフト向けまで、割と幅広い感じです。親が自分で買うにはちょっと高いけど、貰ったら最高に嬉しい!みたいなものから、自分で買ってあげたくなるものまで。

 

f:id:srdavi3216:20171112045806j:image

このおもちゃは「そろそろ木のおもちゃが有ると良さそう」と思ってセール時期を狙って買ったもの。12ヶ月以上用の玩具ですが、どうせすぐに時間は過ぎるから、と9ヶ月の頃に購入。

 

f:id:srdavi3216:20171112045848j:image

幸い気に入ってくれたようです。車に紐がついているのですが、今は全く意味が分かってないよう。ひとりで立って歩けるようになれば、また使い方も変わって来るでしょう。そういうのも見守るのが楽しみ。

 

f:id:srdavi3216:20171112082959j:image

この怪しい見た目になるサングラスもOxybulで夫婦で一目惚れして買ったんでした。

頭囲が大きい娘は、12〜30ヶ月用でも大丈夫だった…。

 

ニースの店はNicetoile(ニセトワール)に。

ニースの店舗は商業施設「Nicetoile」2階(日本で言うところの3階)にあります。

ウェブサイトを見ると、例えばパリなら12店舗もあるようです。

▪️店舗所在地

Magasin Oxybul
C.C. Nice Etoile
Niveau 2
06300 Nice

▪️営業時間

月曜日 Lundi : 10:00 - 19:30
火曜日 Mardi : 10:00 - 19:30
水曜日 Mercredi : 10:00 - 19:30
木曜日 Jeudi : 10:00 - 19:30
金曜日 Vendredi : 10:00 - 19:30
土曜日 Samedi : 10:00 - 19:30
日曜日 Dimanche : 11:00 - 19:00

 

さて、娘のクリスマスと誕生日、どうしようか。しばらく悩みたいと思います。

 

スポンサードリンク