フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

CHIPIEでCOQUINEでGRIMACEな娘。

娘がお座りができ、ズリバイをするようになった頃から、義母や義母の親戚達に会った時に頻繁に耳にするようになったフランス語があります。

A2のフランス語の問題集をやっていても、基本的には出てこない子育て用語

完全に耳覚えのフランス語です。

 

スポンサードリンク

 

 

t'es coquine (テ コキン)

いたずらっ子ね」という意味合いで。女の子に使う言い回しのよう。

ちなみに「coquine」をグーグル翻訳にかけると「浮気女」と出てくる驚き…。改善の余地ありすぎだろう。

 

Tu fais des grimaces (チュ フェ デ グリマス)

そして、最近、上下2本の歯が生えた娘は、なぜだかしょっちゅう歯をむき出すような表情をするようになりました。

これを見て、義母や夫は相好を崩してこう言います。

直訳すると「しかめっ面」と出てくるんですが、ニュアンスとしては「変顔してるね」って感じだそうです。 

 

CHIPIE! (シピ)

お転婆だねー」というニュアンスで出てきます。これはおばあちゃん(娘にとってはひいおばあちゃん)に会った時、にこにこしながら毎日言われてました。

グーグル先生が直訳すると「メス犬」…。

そういえば、娘に買ってあげた絵本も「マダムシピ」だった。

 

Tu es grand(e) (テ グランド)

これは、義母が娘を見ると毎回言う(笑)。見て言う、抱きあげて言う。意味はそのまま「大きくなったね〜」です。

 

育児を通して耳覚えしていくフランス語は、私にとってはまさに「生きているフランス語」。非常に実用的なので、どんどん覚えていきたいなぁと思っています。

 

追記

 

 

スポンサードリンク