フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

【改めて語学学校へ行こう】とりあえずレベルA2に事前登録。

娘が生後8か月を迎え、ある程度生活リズムも定まってきた今日この頃。

とは言え日々に流されて「このままじゃ仏語やばいな…」と思う毎日。

何がやばいって、娘が3歳になって保育学校に入ったら、私もフランスで働きたいし、何より学校関係の手続きやあれやこれやは、夫任せにしたくない(夫も私にやってほしい)のに、今のままじゃあかん。

 

そしたら、昨日の昼食時に義父母が「そろそろ語学学校行ったら?孫は見ててあげるよ」と言ってくれたのです。もうこれは渡りに船、乗らなくてどうする。

 

というわけで、昨年末、妊娠8か月の頃にレベルチェックだけ受けた後「開講スケジュール決まったら連絡するから」と言われた後、一切音沙汰がなかった移民局(OFII)の語学学校に改めて申し込んでみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

Niveau A2にインターネットで事前登録。

フランスに移住してきた人は、仏語レベルにより移民局(OFII)から語学学校に通うよう指示されます。無料です。

しかも、本人にやる気があればレベルA2(100時間)とレベルB1(50時間)まで、さらに無料で学校に通えます。(行政側から受講を指示される場合もあるようです。)

詳しくはこちら>

Envie d’approfondir vos connaissances linguistiques en langue Française ? | OFII

 

私は2016年に入国し、移民局とCAIという種類の契約書に署名し、200時間の授業を受けるよう言われました。そして最終的にDILF A1という試験をパスしています。だから次に目指すはA2ということになります。

OFIIのサイトを改めて読んでみたら、どうやらインターネットで事前申込ができる模様。(以前夫に調べてもらったら「そんなのなさそう」と言われたのに…やはり自分のことは自分でやらないかん。)

詳しくはこちら>IFRA – Formation Linguistique

 

f:id:srdavi3216:20170914211227j:plain

 

f:id:srdavi3216:20170914212128j:plain

この画面で、必要事項を記入してボタンをポチ。

「Merci d'avoir rempli le formulaire de pré-inscription, nous allons contacter rapidement.」とのみ表示されて、事前登録終了。 

メールアドレスも記入したのに「登録を受け付けました」的なメールが来ないところに一抹の不安はありますが、一週間くらいは正座してお待ち申し上げたいと思います。

 

だって無料だもん。

 

つづきはこちら。

  

スポンサードリンク