フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 2016年末に娘を出産し、現在は育児に奮闘中。 移住に伴うフランスでの手続きごと(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

ニースもクリスマス仕様になってきました。

https://www.instagram.com/p/BNoVylNAILH/

10〜11月にかけて観光客も減り、人少なになっていたニースですが、街の中心部であるマセナ広場がクリスマス仕様になり、遊園地や飲食ゾーンができてから、また賑わっております。

マセナ広場の噴水も「スノードーム」風に変身。アポロン像もサンタクロースに仮装させられちゃっておりました。

イルミネーションは、日本ではロマンチックな色合いが強いですが、ニースは白熊とかペンギンが多く、子供向けのほんわか仕様。

イベントなどもファミリー(子連れ)向けが多めって感じです。

 

とはいえ、飲食ゾーンでは大人グループがビールやヴァンショー、ワインボトルを開け、ニース名物「ソッカ」やカキなどをつまみながら語らっております。

妊婦の今年はお酒もナマモノもご法度のため、指をくわえて通過。

 

スーパーも入口付近に山程クリスマス仕様のチョコレート製品やパネトーネが陳列されていたりして、日本で言うところの大晦日的な雰囲気を醸しております。

私も夫も、パネトーネはさほど好きではないのですが、レジ前に積み上げられているのをみると「買っちゃおうかな」と思ってします。

来年は子どももいる予定だし、イベントには積極的に乗っかっていこう、アドベントカレンダー買おうと思った12月初旬でした。(昨日、売れ残りがないか探したけど、もうありませんでした。数日過ぎたらもう売り場からは撤収しちゃうのですね。残念)