フランス語ゼロからのニース生活

2016年に夫と猫とともに、フランス語ゼロで日本からフランスへ移住しました。 移住に伴うフランスでの手続き(移民局、滞在許可証、セキュリテソシアル、運転免許、猫の海外引っ越し)や、南仏を中心に訪れた街や村を紹介しています。

A1

移民局(OFII)による語学学校A1コースに関するエントリー

DILFの暫定合格通知が届いた。

10月に受験したDILF A1の暫定合格通知(Attestation Provisoire de Réussite)が、今日!やっと!届きました。 なんやねん暫定って、と思って確認したら、詳細は受験場所まで取りに来なさい、ということらしい。1月の中旬の間に来てねということのようです。…

フランス語試験DILF(A1)が終わりました。

本日は、移民局(OFII)から指示されているフランス語試験DILF(レベルはA1.1)の日。 語学学校の先生や、先に受験を済ませたクラスメートからは「超×3簡単」と聞いてはいましたが、実際どうだったかというと、かなり簡単でした。結果は11月に発表になりま…

フランス いろいろ無料文化体験。

語学学校の三週間のバカンス期間もあっという間に終了し、22日から授業が再開しました。とはいえ残り約二週間。楽しいので終わってしまうのが寂しいなと思いつつ。 さて、語学学校ではフランス語を学びながら、フランスで生活するにあたって必要になる、割と…

移民の語学学校制度ってサルコジ氏が作ったのね。

私が通っている移民局指定の語学学校では、50〜200時間の受講を課された移民が入れ替わり立ち替わり入学・修了していきます。 一時5名ほどに減りましたが、またどっと新たな人たちが入ってきて16名ほどに。 今週から、一人、かなり読めて話せるチュニジア…

フランス語学校一週間。

先週の火曜日から、移民局(OFII)指定のフランス語学校の授業が始まりました。 ニース市内にある語学学校にて週21時間、総計200時間が私のタスク。 私の場合、通常授業料960ユーロかかるところ、費用は全額フランスが負担してくれるという「本当かしら…

200時間無料で語学レッスン フランスの移民受入体制すごい

先日、移民局(OFII)に行った際に、フランス語のレベルテストを受けるよう指示されてまして、自宅から歩いて30分のところにある本日指定の学校に行ってきました。 スポンサードリンク // 20分の面接(フランス語と英語まじり)と20分のフランス語の筆…